slovestの開発日記

開発の際に気になったことなどを保存する領域です。なお、当ブログの画像はCC0もしくは各権利者から許可取得済みの画像を使用しておりますが、2次利用についての確認は取れておりません。無断で使用なさらないようお願い申し上げます。

アルジェリアに期待してる奴はアホ

time 2013/01/22

アルジェリアに期待してる奴はアホ

いやー、実にイラっとする感じの画像ですね()

 

どうも、久しぶりのエントリです。
が、今回もまた少し波紋を呼びそうなエントリ名。

毎度のごとく、エントリ名はホッテントリメーカーにてお届けしております。あしからず。

 

さて、最近話題の「アルジェリア人質事件」についてですね。

先に言っておくと、私はとてもアルジェリアに憤慨しているわけです。

ただ、誤解されるのは嫌なので先にお断りしますが、

「『日本人』の被害者が出たから」ではありません。
「『人質』が被害者となって亡くなったから」です。

日本人の愛国心が強いのはとても素晴らしいことだと思いますが、
ニュースを見ていていつも思うのが、
「日本人の被害者はいません」の発言は不用意ではないかと言うこと。

ニュースは自国の人の為だけに放送されているのでしょうか?
海外の人ならどうなっても良いのでしょうか?
海外の人はきっと日本のニュースを見てもつまらないと思います。

そして、今回は運悪く「日本人の被害者が出た」のですが、
もしそうでなかったら、アナタはなんと言っていたでしょうか?

きっとこうです。「良かった」と。さて、話がそれてきましたので、そろそろ本題へ。

日が経ってしまっていて、ニュースも古いものになってしまうのですが、

「アルジェリア、人質救出で犠牲者確認 作戦実施余儀なくされたと説明 – ロイター」
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT831206520130117

この中で、気にかかるのがこの部分。

『 その上で、人質の安全確保に万全を期したが、

武装勢力の強硬姿勢により

救出作戦の実行を余儀なくされたと経緯を説明した。』

ロイターはベールに包んで表現していますが、読売で同じニュースを見てみるとどうでしょうか。

「武装勢力、国外に出ようとしたので攻撃…米紙 -読売新聞」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130118-OYT1T00694.htm

見出しの時点で言いたいことが伝わっているかもしれませんが、該当の部分はこうです。

『 当初は平和的な解決を模索したが、

「(武装勢力が)人質を連れてアルジェリア国外に出ようとしていたため、

攻撃を開始した」』

どうでしょう、これ。

アルジェリア軍にとって、
「武装勢力の国外逃亡の阻止>人質の安全確保」
上記のような優先度になっているのがお分かりでしょうか?

でなければ、甚大な被害が出る(人質がなくなる)ことは無かったはずです。

武力は、殺めるためではなく、守るためにある。

もう一度、武力の存在意義、あり方について考えるべきではないでしょうか。

さて、いつものごとく、言いたいことがまとまらないぞ。

要するに、優先度をしっかり考えた救出作戦であれば、
人質は亡くならなくて済んだと思うのです。

冒頭でお伝えした、愛国心の話にも通じるかもしれませんね。

自国民でなければ、どうなっても良いんですか?

どう足掻いても私の文才では上手く締まらないので、このへんで。

sponsored link

down

コメントする




ANAマイル

android

Bloggerから移行

Chrome

Google

Google Map

MOTE記事

Webサービス紹介

wordpress

アニメ

アフィリエイト

お勧めアプリ

お知らせ

ハード

ポイント

世界情勢

備忘録

娯楽

完全なる雑記

実機デバッグ

家電

思うこと

攻殻機動隊

未分類

生活改善

買ったもの

趣味

開発

日記書いてる人

slovest

slovest

にこにこで生放送してるIT系なひと。 アプリ開発とかごりごりしたい

よく読まれている投稿



sponsored link