slovestの開発日記

開発の際に気になったことなどを保存する領域です。なお、当ブログの画像はCC0もしくは各権利者から許可取得済みの画像を使用しておりますが、2次利用についての確認は取れておりません。無断で使用なさらないようお願い申し上げます。

Google Cloud SQL 第1世代と第2世代を比較してみる。

time 2016/09/18

Google Cloud SQL 第1世代と第2世代を比較してみる。

タイトルの通り。

今回は、WordPressを動かすためのサーバを構築していて、
その中で違いが気になったので、最小スペックでの比較のみ。
また、networkに関しては割愛するものとする。

以下の通り略すことにします。
第1世代 = v1
第2世代 = v2

まずは公式のドキュメントに記載のスペックから。
v1

Tier RAM Included Storage Max Storage Included I/O per Day Price ($/hour) Charge per Day Maximum Concurrent Connections
D0 0.125GB 0.5GB 500GB 200K $0.025 $0.36 250

v1はPer-UseとPackages種類の料金計算方法があります。
PriceがPer-Use、Charge per DayがPackages。
Packagesだと1日のうち1時間だけ使っても$0.36かかりますが、
24時間稼働で考えると

v2

Machine Type Virtual CPUs RAM (GB) Maximum Storage Capacity Price ($/hour) Sustained Use Price ($/hour)
db-f1-micro Shared 0.6 3,062 GB $0.0150 $0.0105

さて、1日の使用料について比較してみましょう。
公式の料金表がとても比較しにくくなっていて迷いますね。
条件を揃えるために、10GBのストレージを付加したお値段。

※使用時間が伸びると割引が入るため、単純計算用に
稼働時間1h/1dと24h/1dの2パターン用意しました。

Googleの料金計算を使ってみました。(1か月は30.4日、730hの計算のようですね。)

Type RAM 単価 (1h) 単価(24h) 月額(30.4h) 月額(730h)
D0 0.125GB $0.10 $0.36 $3.16 $13.35
db-f1-micro 0.6GB $0.07 $0.31 $2.16 $9.37

 

はい。ということで、やっぱりv2の方がお得に見えるのでv2で作成しましょうか。
いや、それだけなんですけどね。
「スペックが上がった」「料金が安くなった」とGoogleから発表はあったのですが、
Tierやマシンタイプが書いてないですし、単純にその情報を信じることもできないなあと。
https://cloudplatform.googleblog.com/2015/12/the-next-generation-of-managed-MySQL-offerings-on-Cloud-SQL.html
今回自分で使おうとする機会が出てきたので(WordPress用のサーバを立ち上げようかと。)
比較してみました。以上!

sponsored link

down

コメントする




関連記事

ANAマイル

android

Bloggerから移行

Chrome

Google

Google Map

MOTE記事

Webサービス紹介

wordpress

アニメ

アフィリエイト

お勧めアプリ

お知らせ

ハード

ポイント

世界情勢

備忘録

娯楽

完全なる雑記

実機デバッグ

家電

思うこと

攻殻機動隊

未分類

生活改善

買ったもの

趣味

開発

日記書いてる人

slovest

slovest

にこにこで生放送してるIT系なひと。 アプリ開発とかごりごりしたい

よく読まれている投稿



sponsored link